自分の場合はどういうわけか同じようなことで毎度もやもやして適当に解釈して解決したなぁと、ぽわーときて終わるようなことが多いです。

何事に関してもわりとどうでもいいところに躓き、もやもやすることが多い分解決までは時間を要さないことも多いけれど、学習能力がないのか同じようなことでうまくいかないことが多いだけなのか、しょっちゅう似たり寄ったりなことで悩んでいたりします。

たとえで言えば、記憶力が以前に比べて悪くなったかもしれない、馬鹿になったのかなぁ、あれどこに置いたかな、といった具合に日常的にどうでもいいような感じに悩んで○○なんだろうなぁ、といった感じに自己解決をしてまた同じことで悩みだす。

趣味のことで悩む場合は大抵友達の迷言で解決させています。
絵のことでももやもや悩んでしまいます。

絵を書くことが学生時代からのライフワークなのですが、絵が思ったようにかけないなぁ。ヘタクソになったなぁ。バランスが悪いなぁ。色彩感覚よくないなぁ、という感じでもやもやしています。

それも、学生時代に同級生が、「スランプはプロとか上手い人が言う言葉で私たちは足元にも及ばないから詰んでるだけだよ!」という言葉を思い出し「あ、そうなのか」といった具合に妙に納得してその時は解決するもののまた数日してもやもやしだすことも多々あります。

絵以外にも、趣味に写真を撮ったりすることだったりもあるので、自分なりのこだわりはあるものの変にもやもやしてうまくいかないと感じてよくずっこけます。

それもまた適当に自己解決させて終わらせることもよくあります。

その他よく悩むのが、対人関係うまくいかないなぁ、だったりこの人いつも偏屈なんだよなぁ、といったことだったりものをよくなくしたりするので「どこ置いたかなぁ」といった小さなことが多く、こういうところも割と大雑把に自己解決させています。

対人関係の悩みならば「この人はこういう個性なんだなぁ」と思うようにしたりなくしものに関してはそのうち寂しくなって出てくるだろうなぁくらいに思ったりして、忘れたころに見つかって「なんだっけこれ」とまたもやっとしてたりします。

日常の中のことなので適当に生きて解決させています。